読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも日記

なんでもないまいにち

20170507

f:id:aru12mo:20170507223315j:plainいつも通り飲んでて服のまま寝てしまって、きょうは尾崎世界観の日だから起きなきゃなんて思いながら、起きられなくて、えいと起きたら12時過ぎだった。

起きたら生理だし、用意をするのがとにかく面倒くさくて、きょう行かなかったら後悔するかなとか思いながらだらだら用意をして、上野に着いたのが2:45くらいで、ハイボールの500ml2本とシャケのおにぎりを駅のコンビニで買った。

iPhoneの調子がわるくて30分くらいで電源が切れるのだけれど、案の定電車で切れたから、水上音楽堂ってどこですかってテキ屋のひとに聞いたりして、最後は走って向かっていた。

おなじように走って向かっているひとが2人くらいいておもしろかった。

着いて席を確認したら、真ん中寄りの前から6列目の通路を挟んだはじっこで、良席すぎて、これこないとかなかったとおもった。

今年に入ってやなことが立て続けにあったけれど、クリープハイプに関してはやけにひきがつよくて、ひめはじめにはじまりたいていのライブのチケットは取れていて、かみさまというものがいたとしたら、その点に関しては感謝している。

最初はガリガリガリクソンというひとで、名前しかしらなかったけど、おもしろかったし、外の空間が気持ちがよくて、そこで笑っているというのは、なんだかしあわせだなとおもった。

次は浪曲のひとでおもしろかったのだけど、トイレに行きたくて、途中で行くのはどうだろうとずっと考えててあんまり集中できなかった。

でもおわったら絶対並ぶとおもったから、キリがいいところでトイレに行って、喫煙所でタバコ吸いながら観ていたのだけれど、そんなかんじがゆるくて楽しかった。

タバコ2本吸って油断してたら尾崎さんがでてきて、急いで席に戻った。

前に見たときより髪が伸びていた。

きょうくるまで、尾崎さんだけで弾き語りってどうなんだろうとおもっていた。

弾き語りってなんだかしみったれたイメージだったから。

でもいつものライブみたいに立って、わーってするのも楽しいけれど、座ってギターだけの歌を聞いていると、歌詞と声がどんどん突き刺さってくるかんじがした。

涙がでてきて、「大丈夫」であ、泣くとおもったら尾崎さんが歌詞を忘れたと言って、それを2回くらい繰り返していた。

尾崎さんが歌いおわったあといつも言う、ありがとうがすきだとおもった。

カオナシが途中ででてきて、予想してなかったからほんとうにうれしくて、よくわからないなんとかケシの話もいつも通りで、グレーマンを2人で歌っていて、グレーマンてわたしなんだかいままであまりすきになれなかったのだけれど、はじめていいとおもった。

あとカオナシはほんとうに大好きなのに、歌がうまいとおもったことはなかったのだけれど、はじめてうまいなあとおもった。

買いものとグレーマンの2曲歌って、また尾崎さんだけになったのだけれど、なんだか歌声が身体に入って響いてくるかんじがして、ずっとこの時間が終わらなきゃいいのにとおもっていた。

でもやっぱりおわりはきて、アンコールは歌詞を忘れたからと言って、「大丈夫」だったのだけれど、また途中で忘れて、歌いなおしていた。

出るときにまわりのガヤガヤを聞いていたら、カオナシの服かっこよかったと言ってる男の子の声とか、きょうは泣けたぁと言ってる女の子の声が聞こえた。

外にでたら一面に池の蓮が見えて、きょうは生きててよかったとおもった。


20170506

きのうはストロングゼロを飲みすぎて、5時まで寝られなかった。

でも目覚ましをかけた12:30には起きられて、酒を飲んでるのをバレないくらいちびちびと飲みながら準備して、でかけた。

カウンセリングの部屋にいったらとにかく暑くて、暑いとわたしは赤面するし、暑いと暑いことしか考えられなくなって話に集中できなくなるから、我慢していたけど、30分くらいすぎたときに、あのわたし暑くてしようがないんですけど、と言ったら、窓を開けさせてくれた。

窓をあけてるときに先生が時計を見ている気配を感じたけど、この時間になってなのか、この時間まで、なのかはわからない。

ゴールデンウィークになにをしていたかと聞かれてラジオとか映画をみていたと答えた。

なんの映画ですか、と聞かれて永い言い訳といったけれど、ああ、みたい感じで知っているのか知らないのか、知らないとしてあとでググるのか、なんでそんなことを聞いたのかなどとともやもやして、ララランドとかいえばよかったのかと思った。

20170501

目が覚めたら11時まえだった。

またうとうとしていたら父の下手なサックスの音で起こされた。

ほんとにむかついて、ドアを開けたら鳴りやんだけど、起きる前にやめてほしいと思った。
なんだか気分は晴れなくて、今日はキックボクシングに行くから飲むのはどうかと思ったけど、夜からだからと思って、ウイスキーペプシで割って飲んだ。

録画したミューサタとラブミュージックを見た。
母さんはわたしがすきなテレビを見始めると、新聞を読んだり他のことをする。
クリープハイプだからそうなのかと思ったけど、道重のときも竹原ピストルのときもそうだった。
母さんと駅まで歩いて、わたしはなんだかずっと不機嫌で気持ちがぐしゃぐしゃで、最後に下の階のひとのことは気にしないようにしなさい、母さんはいつでもいけるからとか言ってたけどそういうことじゃないんだよと思った。
ホームでも気持ちがぐしゃぐしゃで、死のうなんて思わなかったけど、飛び込んだらどうなるかとか考えてた。
電車に乗ってずーっと気持ちがぐしゃぐしゃのままで、なんで今日キャンセルできない予定をいれたのか、家でひとりで酒飲んでたい、と中央線を1時間くらい乗ってる間思っていたけど、すっとすこし気持ちが軽くなった。
なんでかと思ったら曇っていた空から陽の光が射し込んでいた。
実家の冷蔵庫に貼っていたいろいろ健康に関する栄養素などがプリントされた紙に、セロトニンは日光を浴びると産生されると書いてあったことを思い出した。
でもすこし気持ちが軽くなっただけで、やっぱりぐしゃぐしゃだったのだけど、駅に降りたらいつもはあんまりすきじゃない休みの日の喧騒で気持ちが解けて、気がついたらぐしゃぐしゃな気持ちはなくなっていた。
家に帰ったらやっぱり下の人がいる気配がしてイライラしてきたけど、お酒は飲めないからストロングゼロを何杯ものんで、キックボクシングの体験に向かった。

なんだかすごく緊張してはやく着きすぎてしまった。
その辺をふらふらして10分前に着いたら女の人が2人いて、Bさんと職場が一緒なんでしょと言われて、Bさんがどこまで仕事のことを話しているのかわからないので、同じ会社なんですけど一回しか会ったことなくて………出向先が同じで初めて会って、なんてことをしどろもどろ赤面しながら話した。
ひさしぶりに自分が人見知りなことを自覚した。
Bさんは始まる時間くらいにやっときて、すぐに始まった。
わたしは持ち前の運動神経のなさを発揮して動きが変だし、なんだかみんなの足手まといになっているんじゃないかとか感じながらも、体を動かすのが気持ちよく感じた。
最後に足の裏をマッサージすると言われて、アルコールの紙を渡されたけど、わたしの足の裏は履いていた黒い靴下のケバケバがたくさんついていた。これから夏になるからこういうので拭かないとねとか、先生が話してて、これ垢だと思われたんじゃねーの…と死にそうになった。
終わってBさんにこないだのライブで買った大森靖子の再販TシャツをそのTシャツずっと気になってたんです、と言われたからすきな歌手ので…とか言い訳みたいに言った。
Bさんはパンダが100匹くらいいるTシャツを着ていて、持ってるバッグもパンダで、KさんにBさんは自分がパンダの生まれ変わりだと思っているという話を聞いていたけど、そんな余計なことは言わず、BさんはTシャツもバッグもパンダですねと言ったら、パンダですとほほえんでいた。
なんだかそういう信じられるものがあるのは羨ましい。

最後に入会を勧められるかと思ったら、特にそういうのもなくて、足の裏が汚かったからかな…とか思ってたけど、Bさんと駅まで話しながら歩いていたら、来週もきてくれますか?今日きてくれて嬉しかったです、なんて言われたのと、帰り道、妙に足が軽くなっていたのと、気分がすっきりしていたので、どうしようか迷っている。
たぶんわたしはBさんがけっこうすきなんだと思う。

帰ったらつまんないラジオしかやってなかったから、竹原ピストルの曲を聴いていた。
例えばヒロを聴いていたら、やっぱり涙が出てきたけど、こないだはヒロの気持ちで泣いていたけど、今日はやや竹原ピストルの方の気持ちで泣いているような気がした。

それでここ2、3日実家で住むことについて何度も考えてたけど、やっぱりわたしは1人で暮らしていたほうがいいんじゃないかと思った。
たまに千葉に帰ると気持ちがゆるんで落ち着くから、わたしは東京は合わないんじゃないかと思ったりしたけど、東京に帰るとやっぱりほっとしたりする。
そしてなにより父さんの下手なサックスの音と、母さんの大音量のテレビの音より、下の階の音のほうがマシに思えた。
なんでこんなに気持ちがぐしゃぐしゃなのかと思ってたけど、母と父と一緒にいたからかもしれない。
わたしはひとに期待してしまうから。

20170429

今日は休みだったけど、下の階のからずっと日曜大工のような音が聞こえていて、4時間くらい耐えたけど、我慢できなかったから、床を一回ドンとしたら音が鳴りやんだ。

ほんとはやりたいことがあったけど、家にいるといらいらがとまらなくて、この状態じゃできないと思ったから実家に帰った。

途中で1時間もしないのにiPhoneの充電が切れて、公衆電話で実家に電話しようと思ったら財布を忘れてて、寒いし、トイレ行きたいし、最悪な気分で実家に戻った。

実家で尾崎世界観が竹原ピストルの「例えば、ヒロお前がそうだったように」を紹介している番組の録画を観た。

それからYouTubeで何回も何回も再生している。

ずっと涙がとまらない。

人や世界のせいにして死ぬのはかっこ悪いし、卑怯だし、悔しいから、死ぬなら自分のせいで死にたいと思った。



なんでもないげつようび

f:id:aru12mo:20170424204901j:plain8時半に目覚ましをかけて、起きたら9時だった。

気分はそんなに悪くなかった。

仕事の日のほうが気持ちが安定している気がする。


今日は初めての担当の社員で、なんか感じが悪かった。

わからないことがあったから聞きにいったら、だからぁ、みたいに言われてムカついた。

とりあえずできる限りのスピードで仕事をした。


お昼はお弁当持ってきてなかったから、Kさんとインドカレーを食べにいった。

たまごカレーを頼んだ。甘口で。

Kさんは豆のカレー。

話したことが筒抜けになる人の悪口を言いあって、だから仕事の人とは距離を置いて付き合ったほうがいいよとか言われたので、Kさんの連絡先を聞く目論みをまたしても逃してしまった。

たまごカレーはふつうの味。

豆のカレーは辛さをふつうにしたのにすごく辛かったらしい。

わたしはライスで、Kさんはナンだったのだけど、ナンのほうがおいしそうだった。


午後も全力で仕事をして、わからないことを聞きにいくのがやだったから、Kさんに聞いて、最後に社員の人に説明してたら、なんかもじもじしていて、たまに笑ったりしていた。

そんなに悪いひとじゃないのかもしれない。

口がくさかったけど。

Kさんにも感じが悪いからムカつくと言ってしまったから訂正しなくては。


説明してたらみんな帰ってしまって、帰りの電車はやけに混んでいてぎゅうぎゅうになって、スーパーで500mlのサイダーを2本買って帰った。


今日は母さんが来ている。

母さんはいつもテレビをつけるので、うちではテレビをつけないでくださいとLINEしとけばよかったとエレベーターで思って、ドアを開けたら洗い物をしていてテレビはついてなかった。


とりあえずハイボールを飲んで、ラジオはつまらないのしかやってなかったから、クリープハイプを聴いて、日記を書いている。

あんまり酔っぱらってからの文章は恥ずかしい気がするので。


花瓶を見たら私のピンクのカーネーションが紫の花に変わっていた。

トルコ桔梗だそう。

なんだかすごく毒々しい。



なんにもないにちようび

今日は起きたら14時前だった。

起きたら14時前だったことに凹んで、鬱々としてたけど、とりあえずゴミのような部屋をざっと片付けて、ラジオを聴いていたら、クリープハイプとレキシが出ていて、気持ちが普通に戻った。


今日のやることリストをつけてみた。

テスト

請求書

ゾゾの支払い

ゾゾの返品


タバコと食べるものがなにもなかったから、外にでるとやけに人が多くて、春っぽかった。

コンビニでゾゾの支払いを済ませてレターパックとタバコを買って、無性にローストビーフ丼が食べたくなったけど、携帯持ってきてなくて調べられなかったから、とりあえずすた丼に入って、ダブルローストビーフ丼をご飯少なめで頼んだ。

誰もいない長いカウンターの一番はじっこに座ったんだけど、少しすると若い男が入ってきて私の一個あけて隣に座って、それがムカついて、あんまり食べるのに集中できなかった。

味は普通でもう行かないと思う。

お味噌汁はあったかくて美味しかった。


帰ってハイボール飲んでいたら眠くなってきて起きたら19時半だった。

起きなきゃ起きなきゃって何度も思うんだけど、やらなきゃいけないことがあると思うと起きられなくなる。

今日はもうなにもするのやめようと思ったけど、請求書なんて簡単にできると思いなおして、起きて請求書作って送った。

ゾゾの返品の準備を途中までして、またハイボール飲んでいま菊池成孔のラジオを聴いてる。


結局今日できたことは、ゾゾの支払いと請求書を作って送ることで、ゾゾの返品は途中まで、テストはコピーだけした。

あとは明日の飲み物の用意と、お弁当の用意とゴミ捨てだけど、お弁当はやめとこうと思っている。ゴミ捨ては気分次第。


心はなんだかぐちゃぐちゃしている。



大森靖子とかまってちゃんの日

f:id:aru12mo:20170423015824j:plainきのうはまたお酒を飲んで寝落ちしてしまって、今日はカウンセリングが2時からだから、起きるのが面倒でなかなか起きられなかった。
もうキャンセルしようと寝ぼけながら起きてみると、いつも通りふつうに準備する時間はあった。
髪をだいぶ洗ってなかったけど、ライブ行くのに頭がくさかったら迷惑だから、シャワーも浴びて、薄めのハイボールを1杯だけ飲んで出かけた。
家に食べるものがなにもなかったから、ひたすら牛乳を飲んで、セブンでいなり寿司を買って駅のホームで食べた。
いなり寿司っておいしいってひさしぶりに思った。

病院に着いて、あの医者にあたるのはぜったいにいやだから、もうひとりの名前を覚えてないほうを指名してカウンセリングにむかった。
トイレで口紅を塗り直した。

先生と今日話したこと。
こないだは落ちてたけどどうですか。
あのあと2日くらいすごい落ちたけど、いまは普通に戻った。
自然に戻った感じ?
よく覚えてないけど、そういうときにお酒を飲むのはよくないとわかったから、1日だけお酒を飲まなかった。
いまはふつうに飲んでるけど。
よく覚えてないことが多いんですか?
何かに関連付けた感情は覚えているけど、何もない時の自分の感情の動きはよく覚えていません。
とか、なんだかいっぱい話したけれど、先生は私が自分の感情を自分で認識するのと、それを外に出すのが苦手なんじゃないかと言っていた。
じゃあどうすればいいんですかと聞いたら、どうすればいいのかなとすこし笑っていた。
文章にするのも苦手かという話になって、私は国語は得意だったのに、読書感想文とか小論文とかを書くのがとにかく苦手だったという話をした。
ただ今改めて考えて、私が文章で褒められたのは、大学のときに男の先輩と酔って話してたら、おまえは病んでるから俺が矯正してやるみたいな変な流れになって、とりあえず日記を書いてこい、添削してやると言われて、書いて提出したら、おもしろいと言われたことと、一時期個人的に日記を書いていたのだけれど、それを勝手に叔母に見られて、やっぱりおもしろいと言われたことを思い出したので、いま日記を書いている次第で、個人的に書いても続かない自信があるので、公表にしてみた。

カウンセリングが終わって歩いていたら、どう落ちていたのかやっと思いだした。
睡眠薬でどうやったら死ねるか、楽に死ねる方法をググっていたりしていたんだった。

いつもカウンセリング中は頭に靄がかかったみたいで、終わったあとにいろいろ思いだしたり、自分が話したことが違っていたと思ったりする。

診察の先生は前に診てもらった、当たり障りのない人だった。
私も当たり障りのないことを言って終わった。

ライブは5時開場で恵比寿に4時頃着いたから、駅ナカのカフェでハイボールを1杯飲んで向かった。
リキッドはひさしぶりだったし、ロッカーに荷物預けて小銭だけバッグに入れて…とかの手順を考えると、わくわくするよりもなんか気持ちが落ち着かなかった。
大森靖子もかまってちゃんも今の私にしっくりくるのかって気持ちと、こんな機会は逃しちゃいけないって気持ちが混ざっていた。

会場に行ったら、老若男女メンヘラ大集合ってかんじで、私この人たちと仲良くなりたいんだろうか、なれるんだろうかって思った。
でもやっぱり友達同士とかクラスタの人たちが少し羨ましかった。

最初かまってちゃんで、いろんなことを思いだして涙が出てきた。
の子を見るのはたぶん8年ぶりくらいで、その頃私は人生で1番病んでいた時で、入院してチケット取ってたかまってちゃんのライブに行けなくて、ずーっと聞こえてくる幻聴に死ぬ前にお願いだからかまってちゃんの曲を聴かせてくださいって頼んだら、やっぱり幻聴でロックンロールが聴こえてきたこととかを思いだした。
の子はおっさんになってわたしはババアになったけど、生きてたと思って、生きててよかったとは思わなかったけど、ただなんか涙がでてきた。

モッシュのあるライブはひさしぶりで、ああ、こういうのやっぱりいいなと思った。

もうの子にはときめかなかったけど、の子はやっぱりの子だった。

大森靖子は最初のほうは入っていけなくて、死ぬほどすきだった新宿も、絶対彼女もなんか響かなくて、やっぱりもう違うのかなとか思っていたけど、オリオン座から徐々にきてあまいで持ってかれて、涙が出てきて、靖子ちゃんは優しいな、天使だなと思った。

アンコールは非国民的ヒーローで、最高にすきな2人が一緒に歌ってるのを見て、一緒に叫んで、やっぱり今日きてよかったと思った。
2人はなんかちっちゃくて子供みたいだった。

終わって外に出ようとしたら豪雨が降っていて、母さんから豪雨を心配するLINEがきていたけどまだ返してない。